株式会社 白門保険事務所

Comparative explanation and
recommended sales policy

保険商品のご提案にあたって - 比較説明・推奨販売方針

               

弊社の保険募集方針

弊社では、お客さまの幅広いニーズにお応えしていくために、複数の生命保険会社・損害保険会社の商品の取扱いを行っております。また、ご加入後もお客さまにご満足・ご安心いただき保険契約をご継続いただくため、以下の方針を定め保険募集を行っています。
1.弊社における推奨保険会社・推奨商品および取扱保険会社・商品について

  • 弊社では、長年に亘る取引があり、取扱商品に関する諸手続き等を含め充実したお客さまサービスが可能な保険会社および保険商品を推奨しています。
  • 弊社は生命保険メットライフ生命保険株式会社、三井住友海上あいお生命保険株式会社、マニュライフ生命保険株式会社、損害保険三井住友海上火災保険社の商品を取扱う乗合代理店です。つきましては右記「取扱保険会社一覧」記載の保険会社の商品の取扱いが可能であり。各保険会社の取扱商品は各社のホームページでご確認ください。
2.保険商品のご提案について

  • 弊社では、推奨保険会社・推奨商品のなかから、お客さまのご意向に合致する商品をご提案させていただきます。なお、ご要望に応じ右記「取扱保険会社一覧」に記載されている保険会社の商品のご説明も可能ですので、お気軽にスタッフまでご相談ください。
  • 保険のご相談は完全無料です。今の保険が自分にあっているかの確認だけでも結構です。
  • ご納得いただき、保険商品のお申込みをいただく場合、ご相談開始当初の意向とお申込み時の意向について再度ご確認させていただきます。
  • 弊社がご提案する生命保険は、保険会社からの委託を受けてお客さまと引受保険会社の生命保険契約締結の媒介を行うものです。告知受領権や生命保険契約の締結の代理権はありません。
    損害保険につきましては弊社はお客さまと申込先の保険会社の損害保険契約の媒介、または締結の代理権を有しています。尚、損害保険の商品の中には告知受領権を有する商品もあります。
3.ご契約後について

  • ご加入いただいた保険契約について、ご契約後も適切に対応いたします。なお、ご契約後に弊社が行う主な業務は以下のとおりです。
    • ①保険契約の内容に関するご照会への対応
    • ②保険金のお支払等を含む各種お手続き方法に関するご案内
    • ③保険契約に関するお客さまからの苦情・ご相談の対応
  • ご加入いただいた保険契約に関する苦情・ご相談につきましては、取扱店で承ります。内容により、取扱保険会社と連絡・連携のうえ対応させていただきます。
  • 弊社では、保険募集時のご意向について、ご契約後保険期間が終了するまで保管させていただきます。

弊社推奨保険会社・推奨商品および取扱保険会社について

■推奨保険会社及び推奨商品

弊社では取扱件数が多く、商品知識・事務に精通している三井住友海上あいおい生命保険の商品をおすすめします。
 

※商品によっては、主に、以下の費用とリスクがあります。ご負担いただく費用やその料率およびリスクの内容は、商品によって異なりますので、詳しくは各商品の「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」などでご確認ください。商品によっては、主に①保険関係費用(保険契約の締結・維持に必要な費用および死亡保障などに必要な費用)、②運用関係費用(投資信託の信託報酬や信託事務の諸費用など、特別勘定の運用により発生する費用)、③解約控除(解約時や減額時などに、経過年月数に応じて積立金額などから控除する費用)をご負担いただきます。上記に加え、外貨建保険については、通貨交換時に為替手数料をご負担いただきます。また、外貨によりお払込みまたはお受取りいただく際は、金融機関所定の手数料(リフティングチャージなど)をご負担いただく場合があります。 ご負担いただく費用の合計額は、上記を足し合わせた金額となります。また、商品によっては、価格変動リスクがあり、変額保険など、国内外の株式・債券などで運用を行い、その運用実績に応じて積立金額などが増減する商品では、株価や債券価格、為替の変動などにより、積立金額や将来の年金額、解約返戻金額などが既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。商品によっては、為替リスクがあり、外貨建の商品では、為替レートの変動により、受取時における保険金の円換算額が、契約時における保険金の円換算額や既払込保険料の円換算額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。商品によっては、金利変動リスクがあり、運用対象となっている資産(債券など)の市場金利に応じた価値を解約返戻金に反映させるしくみになっているため、解約時の市場金利の変動によっては、解約返戻金が減少し、既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。

■取扱保険会社一覧

以上

SITEMAPサイトマップ